感謝して理解した石川の出会い掲示板

そして…

去った人に感謝します。

……。…

毎日見た…川に映る夕日に
小石を何度も投げます。

私は変えたかった…石川の出会い掲示板

「これまでありがとうございます…」の思いや思い

投げられる小石は私の感謝です…

川で走った。

いつもと同じ川面の景色を見続けて……石川の出会い掲示板

私を見つめている少女。

女の子は噛みます。

石川の出会い掲示板
「理解できるのは
人の日記は残します。 ‘

女の子は言います。

「だから?笑
綴るべきです♪」

「シュウの日記…誰もそれを見ないだろう。
最後まで見ます! 」

強い視線で私を見つめて……

100….99……。…。…。…3……2………1

私の日記では…

石川の出会い掲示板<< 0 >>は存在しません。

もちろん、100人に読まれて喜んでいます。

そして…誰も読むことができない孤独はありません。石川の出会い掲示板

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です