事件があるから実現した金沢のママ活

1936年、若き将校たちが「死刑」を打ち負かし、天皇の親政権の実現を目指して2.26事件を起こしたが、昭和天皇はその中の一人に耳を傾けた。彼はすぐに泥棒に分類され、押しつぶされて処刑されました。

https://www.nikukai.jp/ishikawa-mamakatsu/#heading2

高橋是清と斉藤実に加えて、鈴木貫太郎、牧野伸顕、松尾伝蔵などの天皇補佐官が攻撃に腹を立てた。金沢のママ活
この2.26事件をきっかけに、現役の士官制度が復活します。陸海軍大臣は駐在武官でなければならないという制度の下で、内閣に対する軍の意見が強まり、日本が戦争に突入する。
金沢のママ活
終戦の半年前、近衛文麿は戦争の継続を主張した主流の陸軍派を排除しようとしたが、それは2.26事件を引き起こした皇道派の復活を意味し、彼らを憎む皇帝はまったく受け入れます。代わりに、彼は米国にもう一度打撃を与え、戦争の終了後に和平交渉を進めることを望んで、ずる賢く戦争を続けました。金沢のママ活
もし彼がその時に戦争を終わらせることを決心したならば、 への米軍の着陸も の爆撃も広島と長崎の原爆投下を引き起こさなかっただろう。神風特攻隊はチランから離陸しませんでした。

天皇の戦争セフレについては二つの説がありますが、東條英機のように 裁判にかけられることは可能だったと思います。金沢のママ活
マッカーサーは、戦後の混乱による日本の共産主義を防ぐために天皇の存在が必要であると判断しましたが、戦後も天皇が新憲法になったことをご存知ですか?彼は、知らない侍長(NHKオーディエンス)に政治声明を出したとして非難されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です